ページのトップへ

NEWS

【学術論文:プレスリリース】2019年4月16日

Advanced Materials

Aleksandr Kurenkov, Samik DuttaGupta, Chaolaing Zhang, Shunske Fukami,Yoshihiko Horio, and Hideo Ohno, "Artificial neuron and synapse realized in an antiferromagnet/ferromagnet heterostructure using dynamics of spin-orbit torque switching," Advanced Materials, 1900636, DOI: 10.1002/adma.201900636, April, 2019.
<プレスリリース>
ニューロンとシナプスの動作を再現する変幻自在なスピントロニクス素子を開発 ~脳を模した革新的情報処理への応用に期待~


 
【国内会議】2019年3月21日

電子情報通信学会総合大会

宮内清孝,堀尾喜彦,宮野尚哉,長憲一郎, 「拡張Lorenz 写像に基づく疑似乱数生成器のハードウェア実装に向けての考察」, 電子情報通信学会総合大会講演論文集,N-1-31, p. 279, March 21, 2019.


【フェロー記念講演】2019年3月29日

電子情報通信学会総合大会

堀尾喜彦,「ハードウェア意識を目指して」 , 電子情報通信学会総合大会,早稲田大学,2019年3月20日.


【国内会議】2019年3月4日

電子情報通信ニューロコンピューティング研究会

田村祐樹,守谷 哲,加藤達暉,櫻庭政夫,堀尾喜彦,佐藤茂雄, 「IzhikevichニューロンモデルMOS回路の提案」, 電子情報通信学会技術報告,NC2018-60, p. 93,March 4, 2019.


【解説論文】2018年12月

日本神経回路学会誌

堀尾喜彦, 「ブレインモルフィックコンピューティングハードウェアとHuman-centric Edge AI」, 日本神経回路学会誌,vol. 25, no. 4, pp. 140-147, Dec. 5, 2018.


【招待講演】2018年8月5日

ICAND2018

Yoshihiko Horio, "A brainmorphic computing hardware paradigm through complex nonlinear dynamics," The 5th International Conference on Applications in Nonlinear Dynamics, Maui, Hawaii, U.S.A., August 6, 2018.


【特許】2018年6月

国内特許

長谷川 幹雄、安田 裕之、本田 悠貴、中尾 裕也、堀尾 喜彦、合原 一幸
「デバイス同士を同期する自律同期システム及び、自律同期方法」
特許第6346728号,2018年6月1日


【学術論文】2018年4月

Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE

Yoshihiko Horio, Natsuhiro Ichinose, and Masahiro Ogawa, "Experimental verification of quasi-periodic-orbit stabilization using a switched-capacitor chaotic neural network circuit," Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, vol. 9, no. 2, pp. 218-230, DOI: 10.1587/nolta.9.218, April 1, 2018.


【学術論文】2018年4月

Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE

Natsuhiro Ichinose, Yoshihiko Horio, and Masahiro Ogawa, "Statistical test of quasiperiodicity in the presence of dynamical noise," Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, vol. 9, no. 2, pp. 231-242, DOI: 10.1587/nolta.9.231, April 1, 2018.


【受賞】2018年3月22日

堀尾喜彦教授 電子情報通信学会 フェロー称号授与

堀尾 喜彦 教授が、電子情報通信学会よりフェロー称号を授与されました。 フェロー称号は、電子情報通信学会への貢献が大でかつ学問・技術または関連する事業に関して功績が認められる正員に対して贈呈されます。 今回受賞することとなった業績は「脳型情報処理とそのハードウェア技術に関する研究」です。 贈呈式は本年3月22日に東京電機大学にて行われました。 賞に関する詳細情報URL:電子情報通信学会


【招待講演】2018年3月22日

電子情報通信学会総合大会

堀尾喜彦,「Edge AI ハードウェアに向けて」,電子情報通信学会総合大会講演論文集,SSS-11, March 22, 2018.


【国内会議】2018年3月20日

電子情報通信学会総合大会

Théophane Tassy and Yoshihiko Horio, 「Time series prediction through chaotic neural network reservoir」, 電子情報通信学会総合大会 基礎・境界/NOLTA講演論文集,N-1-2, p. 225, March 20, 2018.


【国内会議】2018年3月20日

電子情報通信学会総合大会

篠崎亜怜,宮野尚哉,堀尾喜彦,「Echo state network によるカオス時系列予測」,


【国際会議】2018年3月6日

NCSP2018

Yoshihiko Horio, "Towards a brainmorphic computing paradigm and a brain/body whole organism computation system," in Proceedings of RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, pp. 703-192, March 4-7, 2018.


【国際特許】2018年3月1日

国際PCT特許

Yoshihiko Horio, Takuya Hamada, Kenya Jinno, and Kazuyuki Aihara, "Multi-screw chaotic oscillator circuit," 国際PCT特許(EP国) 特許第EP2413501号, March 1, 2018.


【国際会議】2017年12月5日

NOLTA2017

Yoshihiko Horio, "Towards a neuromorphic computing hardware system," in Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 189-192, Dec. 4-7, 2017.


【国際会議】2017年12月5日

NOLTA2017

Takemori Orima, and Yoshihiko Horio, "An improved formulation of feature values in passive reflectionless transmission-line model based on the cochlea," in Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 128-131, Dec. 4-7, 2017.


【国際会議】2017年12月5日

NOLTA2017

Yoshihiko Horio and Takayoshi Fujino, "IC prototyping of a switched-current A/D converter circuit based on the golden ratio encoder," in Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp. 120-123, Dec. 4-7, 2017.


【学術論文】2017年7月

J. Robotics, Networking and Artificial Life

Takemori Orima and Yoshihiko Horio, "An improved parameter value optimization technique for the reflectionless transmission-line model of the cochlea," Journal of Robotics, Networking and Artificial Life, vol. 4, no. 1, pp. 49-52, DOI:10.2991/jrnal.2017.4.1.11, June 2017.


【国際会議】2017年12月5日

INTERMAG Europe 2017

W.A. Borders, H. Akima, S. Fukami, S. Moriya, S. Kurihara, A. Kurenkov, Yoshihiko Horio, S. Sato, and H. Ohno, "An artificial neural network with an analogue spin-orbit torque device," in Proceedings of the IEEE International Magnetics Conference, INTERMAG Europe 2017, Dublin, Ireland, April 24-28, 2017.


【受賞】2017年3月24日

織間健守君 電子情報通信学会 学術奨励賞受賞

2016年9月20日~23日北海道大学(札幌市)にて開催された2016年電子情報通信ソサイエティ大会における発表に対して、博士課程後期学生の織間健守君が2017年3月24日に 電子情報通信学会学術奨励賞を受賞しました。


【受賞】2016年9月21日

堀尾喜彦教授 電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ 特別功労賞受賞

電子情報通信学会の第5番目の研究ソサイティとして、NOLTAソサイエティを発足させた功績に対し、電子情報通信学会 NOLTAソサイティ特別功労賞が、9月21日に堀尾喜彦教授に贈られました。 この特別功労賞は、ソサイティ表彰における最高位の賞であり、ソサイエティに対して多大な貢献をした者に対して贈られる賞です。


2016年4月1日

堀尾喜彦教授 電気通信研究所に赴任

ソフトコンピューティング集積システム研究室立ち上げ開始